沿革・組織図

沿革

1984年4月
東京都武蔵野市に「鳥良」(現在の「鳥良商店」吉祥寺南口店)を創業。
1984年6月
愛知県名古屋市に「鳥良」の運営を目的とする有限会社鳥良を設立。
1987年6月
愛知県名古屋市に居酒屋への食材の供給等を目的とする大興食品産業(株)を設立。
1994年9月
「鳥良」青山店がオープンし、全店10店舗体制。
1995年12月
有限会社鳥良を株式会社鳥良に組織変更。
1996年6月
大興食品産業(株)をサムカワフードプランニング(株)に商号変更。
1996年9月
サムカワフードプランニング(株)が(株)鳥良の事業を譲受け。
1998年4月
サムカワフードプランニング(株)が(株)鳥良を吸収合併。
2003年3月
東京都世田谷区玉川に本社を移転。
2005年10月
「玉丁本店」八重洲店、「CASA DEL GUAPO」がオープン。
2008年3月
「鳥良」池袋3号店がオープンし、全社50店舗体制。
2009年2月
「磯丸水産」吉祥寺店(磯丸水産1号店)を東京都武蔵野市にオープン。
2010年4月
「磯丸水産」川崎たちばな通り店がオープンし、磯丸水産10店舗体制。
2010年12月
ポラリス第二号投資事業有限責任組合が全額出資する(株)サンフランシスコ・ホールディングスが全株式を取得し、完全子会社となる。
2011年5月
(株)サンフランシスコ・ホールディングスを存続会社として、旧サムカワフードプランニング(株)を吸収合併すると同時に商号をサムカワフードプランニング(株)に変更し、本社を東京都世田谷区玉川に移転。
2011年10月
商号をSFPダイニング(株)に変更。
2011年11月
「きづなすし」新宿歌舞伎町店(きづなすし1号店)がオープン。
2013年4月
株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスがポラリス第二号投資事業有限責任組合等より15,673株(持株比率74.63%)を取得し、当社の親会社となる。
2013年11月
「生そば玉川」池袋東口店がオープン。
2013年12月
「磯丸水産」阿佐ヶ谷店がオープンし、磯丸水産50店舗体制。
2014年12月
東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
2015年3月
「鳥良商店」吉祥寺北口店(鳥良商店1号店)をオープン。
2015年5月
「磯丸水産」高円寺純情商店街店がオープンし、磯丸水産100店舗体制。
2015年7月
フランチャイズ事業を開始。愛知県名古屋市に「磯丸水産」のフランチャイズ店である栄3丁目店及びプリンセス大通り店がオープン。
2016年3月
「鳥良商店」横浜西口南幸店がオープンし、鳥良商店10店舗体制。
2016年9月
事業持株会社体制へ移行。
2017年2月
「磯丸水産」初台南口店、京成大久保駅前店がオープンし、磯丸水産150店舗体制。
2017年6月
商号をSFPホールディングス(株)に変更。
2019年2月
東京証券取引所市場第一部に株式を市場変更。

組織図

組織図

「こだわり」を育む組織

1984年の「鳥良」一号店誕生から30余年、創業時から続く「こだわりの限りなき追求」は、鳥良、磯丸水産など十を超える業態を有した今も、そしてこれからも、当社が守ってゆくべき精神です。

当社がめざすのは、お客様と共に喜びや感動を共有することのできる「食の専門店集団」に他なりません。その根底にあるのは、普遍の原理であると位置づけている「従業員の喜びなくしてお客様の感動なし。お客様の感動無くして会社の業績なし。会社の業績なくして従業員の喜びなし」という考え方です。どれかひとつ欠けても、すべてが成り立たなくなってしまうこの原理を認識しつつ、これからも成長を続けてゆきたいと考えております。

継続的な当社の成長に不可欠であるのは、高い組織力です。各部門は高い専門性を保持しながらも、決して縦割り思考にならず、風通しの良いチームとなることで、当社が大切にしてきた「こだわり」を育むことが出来ると考えています。
当社の組織は成長の過程で、また経営環境の変化等にも応じて柔軟に変化し続けます。また必要に応じてプロジェクトチームも編成します。時流の移り変わりが加速する世の中で、お客様により良い商品を提供し続けるためには、この柔軟さこそが最も重要なポイントのひとつであると考えるからです。

今後も全従業員が情報を共有しあい、切磋琢磨しながら高い組織力を築き上げてゆく所存です。

ページ先頭へ